メタボメ茶を飲んだら下痢をする?!これって副作用なの?

メタボメ茶をのむと副作用が出る?!

 

ティーライフ社から販売中の「メタボメ茶」はプーアール茶や杜仲茶といった4種類分の茶葉をブレンドしたダイエット茶としてお馴染みです。成分として使われているお茶は、どれも健康茶としてよく聞かれており、言うまでもなく100%植物性ですから、その安全性はとても高く、一見副作用は無いように思われます。

 

しかしダイエット茶に寄せられた体験談にはメタボメ茶を飲み始めたらお腹が下るというご意見が多く寄せられています。これはメタボメ茶に深刻な問題があるわけではなく、食中毒のような急な症状というわけではなくちょっとお腹が緩くなる程度のモノだそうです。

 

この症状は数日程度で収まる人が殆どだそうですが、始めて飲む人にとっては不安になるところですね。

 

 

「下痢」は副作用というべきものなのか?

 

世間的なイメージだと、お茶というと健康にいいという感じですが、やはり飲み過ぎたら何らかの副作用が出てしまう事もあるという事です。具体的な例だど、メタボメ茶に含まれる杜仲茶は、ダイエット効果に加えてむくみなどを解消したりする効果がありますが、ごくたまにちょっと飲んだだけでもお腹を下す人がいるといいます。しかしこれは誰にでも起こる事ではないので、体質的なところも多きと思われます。

 

あと、メタボメ茶に含まれる黒豆茶のイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分として有名ですね。

 

なので更年期障害の症状を緩やかにしてくれたり、骨粗鬆を予防してくれたりと、色々効果のある成分ですが、ホルモン治療などを受けている人で特に女性の方は、副作用が出る危険性があります。ですから治療中という人はもしもの事考えて、飲む前に、かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

 

また、メタボメ茶には利尿作用があり、便秘解消の効果もあり、良く得言えばデトックス効果が期待できます。しかしこれは言い換えればトイレが近くなるという事ですから、副作用といえない事も無いかもしれません。

 

「下痢」の症状は限定的に起きる

 

メタボメ茶を飲み始めの数日の間、お腹が緩くなるという症状は、口コミ等でもよく言われています。

 

しかし多くの場合は心配なく、数日我慢してお腹が正常になったら、前よりも体調が良くなったという人も多く、それもまた評価が高くなっている原因です。

 

メタボメ茶でお腹が緩くなるのは、元から腸内環境がよろしくなかった事が原因であることが殆どで、重合カテキン・没食子酸が入っているプーアール茶やポリフェノールが沢山入っている烏龍茶、ミネラルが豊富に含まれている杜仲茶や大豆イソフラボンやサポニンなどが含まれた黒豆の効果により、腸内環境を改善させる工程がちょっとお腹が緩くなるという副作用として現れると考えられています。

 

肥満や便秘がちな人は、腸内環境が悪化しているといえます。メタボメ茶からくる下痢は、ある種の陽転反応ですから、これを乗り越えることが出来るかどうかが、ダイエットを続けていく事へのキーとなるわけです。

 

食中毒などの場合は、トイレから離れることが出来なくなりますが、メタボメ茶の「下痢」は期間としては短いですから、体質が改善された後は、お茶に含まれる美容成分が
どんどん身体にはいていく事でしょう。

 

国内工場で加工管理される安全性の高さ

 

メタボメ茶の原料を見てみると、プーアール茶や烏龍茶、杜仲茶など大体が中国産です。

 

下痢などの副作用と合わさって、飲む側の不安をかき立てる要素のトップクラスでしょう。しかしメタボメ茶の製造にあたっては、専門機関が実施しているポジティブリスト制度にしたがっている物です。

 

安全性を確保するためには、下痢などの事故を防ぐためにも安心な点となります。中国から輸入されてきた原料の茶葉は、メタボメ茶に加工される前に、食あたりなどのトラブル防止のために残留農薬の濃度が基準値を超えていないかをチェックしています。

 

ティーバッグもトウモロコシが由来の原料で作られていますから、こちらも安全性は高いです。

 

メタボメ茶はすべて静岡にある自社工場にて作られています。原料に異物が入り込まないように、目視で確認するほかにも、金属探知機なども使ってそれはもう丁寧に検査をしています。

 

このようにポジティブリスト制度を採り入れ、国内工場での加工・管理により、とても高い安全性が保障されている形になっています。

 

残留農薬について

 

メタボメ茶で使われている黒豆は、北海道の十勝でとれた国産物ですが、プーアール茶や杜仲茶などはどうしても中国産になってしまいます。世間で中国産というと、あまり良くないイメージがついて回り、健康に良くないのではないかという心配が起きるのも無理がないと思います。

 

しかしメタボメ茶の場合は、製品になるまでの間にいくつものチェックが入る体制が出来ていて、残留農薬は大変低いレベルにとどまり、実際にも現在に至るまで問題が起きたという報告はされていません。

 

日本国内でのチェックが厳しい事もあり、品質による副作用は心配がないと思われます。

 

あとティーバッグの原料にはティーライフ社特製のトウモロコシ由来のフィルターが使われており、170度までの耐熱性を持ち、捨てても土に還る環境に優しい仕様で人間にとっても安全性が高いといえます。

 

メタボメ茶に含まれているカフェインの量は、珈琲が100mlあたり67mg、紅茶が20mgぐらいなのに対して、メタボメ茶は100mlあたり僅か7.5mgという少なさです。ですからお子様や妊婦の方でも安心して飲めるほどです。こういった面からも家族で飲む健康茶としてもアリですね。

 

お腹を下すのは想定の範囲内

 

メタボメ茶を飲み始めてしばらくの間に起きる下痢は、想定の範囲内という事ですが、飲む側からしてみれば不安になるところですよね。なので始めて飲むという人には、お試しセットがオススメとなっています。12日分を970円で買う事が出来て、自分に合っているかどうかを確かめられるわけです。時間をかけてゆっくりとダイエットをしていきたいという人にはうってつけです。

 

お試しを使って確実性を見よう

 

茶葉やフィルターなどの品質を考えれば、メタボメ茶はキチンの量を守って飲めば、副作用の心配はほぼないといっていいでしょう。しかし人間には、体質や好みというのがありますから、味や成分が身体に合わないという場合もあります。なので始めて飲む人は、是非お試しセットを使ってください。もし自分にあっていなくてもすぐにやめることが出来るようになっています。

↓↓↓メタボメ茶を12日分セット970円でお試しできます!↓↓↓