メタボメ茶に含まれるカフェインの量ってどれぐらい?

お茶に多く含まれているというカフェイン、メタボメ茶はどうなの?

 

成分が豊かなメタボメ茶は4種類の茶葉がブレンドされている!

 

 

ティーライフから販売されているメタボメ茶は、プーアール茶や杜仲茶といったダイエットしている人なら一度は耳にしたと思われる4種類のお茶をブレンドしているダイエット茶の決定版みたいなお茶です。

 

美味しくなさそうなイメージのあるダイエット茶の中でも、以前は静岡の老舗茶屋だったティーライフ社の高い技術による絶妙なブレンドで美味しく仕上がっており、味の方でも評価は高くなっています。

 

 

充実なダイエット成分が配合されている

 

メタボメ茶は商品名が示しているように、ダイエットやメタボ対策などで作れらたお茶となっています。

 

ダイエット効果として主だったものはプーアール茶の重合カテキンがあります。

 

プーアール茶は緑茶を発酵させて作るので、その発酵の過程で重合カテキンが作られます。それは普通のカテキンよりも強い効果を持っていると言われています。

 

ダイエットの面では重合カテキンにより、悪玉コレステロールを減らしていき、糖分や脂質の吸収を抑制してくれる働きがあります。

 

その他にも、脂肪やコレステロールの吸収や蓄積を抑制する成分の杜仲茶のゲニポシド酸や、黒豆茶のサポニンや烏龍茶のポリフェノールなども、ダイエットに大きな効果のある重要な成分となります。

 

茶葉の構成内容を総合的に見てみると、あまり運動をしない人や脂分の多い食事が多い人に、メタボメ茶が効果を発揮してくれそうです。あとそれに食生活の改善や適度な運動をする事で、更にダイエット効果が高まってくれると思います。

 

カフェインが含まれる量は?

 

ダイエットで人気となっているティーライフ社のメタボメ茶もお茶の1種である事は変わりないので、カフェインの量を心配するという人も少なからずいます。しかし実際には、お子様は妊婦の人でも飲めるぐらいなので、その量もたかが知れているわけですが、数値的なデータで、安心できる要素が欲しいと思うのが本音でしょう。

 

ほとんどどノンカフェイン状態

 

メタボメ茶に含まれるカフェインの量は、公式サイトを見てみると、100mlあたり、たったの7.5mgとなっています。お茶の渋みの原因となる成分量が少ないので、苦いお茶が苦手という人にも、飲みやすくて美味しいと好評を頂いています。

 

メタボメ茶はコーヒーや普通の緑茶などと比べてみてもカフェインの量は物凄く少ないです。

 

事実上ノンカフェインといってもいいぐらいですから、少し多めに飲んでも身体に害を及ぼす事はなく、大量に飲む事での健康被害はないと思われます。

 

原料の面で見てみても、メタボメ茶に含まれている杜仲茶は、元からカフェインが含まれてなく、ミネラルやゲニポシド酸といった有効成分が入っています。杜仲茶は、肥満の解消してくれる効果も明らかになっていますから、メタボ対策にもその効果が期待されています。

 

更にメタボメ茶に含まれている黒豆はお茶ですらないので、カフェインは元から含まれていません。

 

黒豆にはサポニンや大豆イソフラボンといった成分を多量に含み、ダイエットの効果と共に、女性の健康と美容にも効果があるという食材として、巷での評判が高いです。

 

お子様が飲んでも安心

 

カフェインは脳神経を興奮させて、眠気を覚ましたり疲労を回復したりする効果が有名です。しかしその反面お子様が摂取してしまうと、その効能よりも有害な作用の方が強く出てきてしまうので、お子様にコーヒーなどを飲ませるのはあまり良くないとされています。同じ理由で妊婦の人にもカフェインの多量摂取はタブーとなっています。

 

しかしメタボメ茶のカフェインは大変低いので、靭帯への影響は殆どありません。

 

お医者様からお茶を制限されている人はともかく、メタボメ茶なら妊婦さんやお子様でも安心な、ファミリー向けの健康茶と言えます。

 

それどころからメタボメ茶をダイエット目的だけで飲むのはちょっと勿体なかったりもします。妊婦の方には母子の健康維持に役立ち、お子様にはお茶の習慣を早めに定着させるという健康的な生活に役立ちます。

 

メタボメ茶を入れるコツは、あまりの熱湯で入れると、カフェインが多く出てしまいますから、ぬるま湯などで少しづつ出すのが良いという事です。(それでも量として大した違いはありませんけどね)

 

飲む量は常識の範囲内で

 

メタボメ茶のカフェインの量は、100mlあたり7.5mgぐらいですが、大量に飲めばカフェインの摂取量が増えるのは当たり前です。しかしいくら大量に摂るといってもお茶だけで1日1リットルを超えるという事は日常的にはあまりない事なので、常識の範囲内で飲んでいれば特に問題は無いという事で、気軽なダイエット茶として飲んでいる分には何の心配もいらないわけです。

 

健康茶としては

 

メタボメ茶の成分をよく見てみると、健康面で、しかも女性にとって大変有益な成分で構成されている事が分かります。プーアール茶の重合カテキンとなると、便秘の改善や活性酸素を取り除いてくれたりなど、健康面での効果が高いです。黒豆茶に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのような働きをする成分であり、骨粗しょう症を予防したりなど、その効果が注目されていたりします。

 

メタボメ茶に含まれる杜仲茶は、鉄や亜鉛、カルシウムやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれていて、更にアスペルロシドといった成分の基礎代謝を高める効果も注目されています。

 

烏龍茶にも鉄矢マグネシウム、カリウムなどミネラルが豊富に入っており、アンチエイジングやガンの予防にも効果があるといいます。

 

しかしこれらの健康面での効果が現れるのは、きわめてゆっくりとしていますが、メタボメ茶を継続的に飲む事で、健康寿命を延ばすことに役立っているわけです。

 

メタボメ茶の安全性は高い

 

メタボメ茶の杜仲茶やプーアール茶は中国で生産されていますが、それらの原料のチェック体制はきわめて厳重であり、残留農薬のリスク等はクリアされているものですから、安心して飲めるレベルになっています。ティーバッグの袋にはとうもろこしのフィルターが使われ、100%植物成分となっています。こういった有害物質への配慮も好評である秘密となっています。

↓↓↓メタボメ茶を12日分セット970円でお試しできます!↓↓↓